Latest Entries

第6回 日本高校ダンス部選手権”Fit's DANCE STADIUM” 2013 全国決勝大会 総合講評 2

総合講評 1からの続きです。



会場によるダンスの見え方の違い

私は関東・甲信越地区の予選が終わった後、
予選の順位やダンスの出来は決勝では関係ありません!!
と公言していました。
そのもっともな理由は、予選と決勝は会場が違うために
同じ作品でも予選と決勝ではダンスの見え方が異なることがわかっていたからです。

例えて言うならば
予選の舞台ではテレビ画面で画面いっぱいでダンスを見ていますが
決勝ではテレビ画面の中央の一部に枠を作り、その画面で縮小してダンスを見ている状態なのです。

もっと簡単に言うと最前列でダンスを見るのと、後ろの席からダンスを見るのとは違って見えるということです。

そのことを認識していた学校は予選以上に決勝では個性を発揮できて予選以上に順位を上げていましたが
認識不足だった学校は逆に個性や良さが消えてしまっていました。
予選は予選、決勝は決勝で全く別物なのです。
ですから予選の順位が良いからと言って決勝でそのまま通用すると思っていたとしたら
それはとても危険な認識であると言わざるを得ません。



日程について

よく予選大会の日から決勝までの日程が長いから有利だ!!不利だ!!
などという話が出てきますが、全く見当はずれだと言わざるを得ません。
3連覇を成し遂げた同志社香里高等学校をはじめ、毎年決勝に進出してくる強豪校の多くは
どんな環境であろうと決勝にコンディションを合わせて来れる強さと柔軟さを兼ね備えているからです。



個性について

大会当日の総合講評でお話があった通り、今回審査員から出た最も多くの意見が
ダンスのレベルは上がっているのに反比例して個性がどんどん消えている。
という意見でした。
つまり作品がどれもこれも似たようなものになって来てしまっているという事実です。
たとえば最近の流れとして、優勝した学校がなぜ優勝できるのか?
の研究はみなさんされますが、それ以外の学校から学ぶということがなくなってきています。
賞を取った学校以外にも、参加したあらゆる学校のダンスの中に学ぶべきところ、学ぶべき良さがあります。
そして会場で実際に他のダンスを見て感じて見抜くことが必要です。
ビデオや映像で見ただけでは絶対にわからないことがあります。
ダンスに限らずあらゆるものの中にヒントがあるのです。

賞を会得した学校のダンスが凄いからと言ってそのダンスまでそのまま真似る必要はないのです。
自分たちのダンス、自分達が好きなダンス、自分達が表現したいこと、
先輩たちから引き継いできたダンスで勝負するべきなのです。
優勝した学校が凄いのは自分たちのダンスを極めてきた努力の成果なのです。
これからもみなさんの個性のある素晴らしい作品を期待しています。

私は審査をする際、その作品を上から見た場合や、後ろから見た場合にどう見えるかも見ています。
より芸術的な方向にダンスが極められれば
今よりもはるかに3次元的で立体的で造形的な
表現力の高い独創性のある作品が出てくるはずです。
まだそこまで芸術性を高められている学校はありません。





賞について

優勝や賞を受賞することを目標にしている学校は多いかと思います。
しかしながら優勝する事だけが唯一無二の絶対的な価値である。という事ではありません。
これが100m走であるならば勝った人が一番であり異論の余地はありませんが
ダンスには色々な価値観が存在します。
例えばダンスのジャンルにしてもバレエやJAZZやロックやモダンなど様々なジャンルが存在します。
矛盾するようですがジャンルの違うダンスを簡単に比較することは出来ません。
もしも優勝にだけ価値があるとするならば、優勝したダンスが一番優れたダンスである。
という結果になってしまうでしょう?そうではないことはみなさんが一番よく分かっていることです。
価値あるものは一つだけではないのです。
優勝を目指していた学校が優勝以外の賞を受賞しても素直に喜べない姿を見るのは
審査員としてダンスにたずさわる者としてとてもとても悲しい事なのです。
みなさんがダンスを通して伝えたいものは何なのか?それを今一度考えていただきたいと思います。

誤解のないように申し上げておきますが、賞を受賞された各学校が賞を受賞するに相応しい、
価値のある素晴らしい作品であったことは紛れもない事実です。



大会を通して

大会を見てダンスって本当に素晴らしいな~って思いました。
開会式の時に舞台そで待機していた時、出場校のプラカード持っていた子達と一緒でしたが
その子達が勢いよく舞台に走って出ていくの見て涙が出そうになりました。
プラカードの裏に部員や後輩達の応援の寄せ書きが書いてあったり、
応援の幕にたくさんの寄せ書きが書いてあったり、
みんなで一生懸命作り上げたプラカードを見たりしているとみなさんの大会にかける思いが伝わってきました。

みなさんが大会で得た経験を是非後に続く後輩たちに伝えていって欲しいと心から思います。
それがその学校のダンス部の伝統となっていくからです。

会場で挨拶をして下さったダンス部のみなさん、声をかけて下さったダンス部のみなさん、
いつも子供たちを支えて下さってる保護者のみなさん、学校関係者のみなさん、
大会を運営して下さったスタッフのみなさん、審査員のみなさん、
そして会場に足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございました。




(総合講評 3へ続く)



関連記事

第6回 日本高校ダンス部選手権”Fit's DANCE STADIUM” 2013 全国決勝大会 総合講評 3 | ホーム | 第6回 日本高校ダンス部選手権”Fit's DANCE STADIUM” 2013 全国決勝大会 総合講評 1

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ヘブンアーティスト”踊るエンターテイナー” ヘブンアーティスト”踊るエンターテイナー” にほんブログ村ヘブンアーティスト”踊るエンターテイナー”
↑click支援お願いしま~す。↑

トラックバック

http://dancenoringo.blog121.fc2.com/tb.php/431-a386020c

プロフィール

 

のりんご☆

Author:のりんご☆

のりんご☆プロフィール1

のりんご☆プロフィール2

☆お問い合わせ・出演依頼はこちら☆

noringo@jcom.home.ne.jp

◎東宝芸能エンターテイメント所属
◎東京都公認ヘブンアーティスト
◎特定行政書士 (神奈川県行政書士会)
◎(社)ダンス教育のJDAC 実行委員長
◎(社)ストリートダンス協会 専門委員長
◎日本高校ダンス部選手権" DANCE STADIUM" 審査員
◎全日本ダンス教育指導者指導技術コンクール 審査員
◎藤沢市観光協会公認 "江の島パフォーマー"
◎宮が瀬観光協会公認 "宮が瀬パフォーマー"
◎橋本七夕祭り実行委員会 行事部会長
◎橋本公民館運営協議会 運営委員
◎Dance Unit "EAST-B"


のりんご☆ブログ・画像一覧

twitterをフォローしましょう

 

カテゴリ

月別アーカイブ

のりんご☆動画YouTube

リンク

スニーカースポンサー様

広 告

 


 

フリーエリア

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

QRコード

 

QRコード

 

相互リンク

 

クリックお願いします。
芸能ランキング
ブログの殿堂
相互リンク募集「相互リンクX」
NSFレンタルサーバー
SEO Directory | 専用ページから直リンク! ページランクアップサーチエンジン Site RankingSite Ranking
クリックお願いします。
youtube動画| プロサーファー| 鍼灸治療院| さいたま市植木屋| サーフィンスクール| ハワイアン雑貨| バリ島サーフガイド| 赤坂見附スペイン料理| 葛飾区四つ木鍼灸| 宝石ジュエリー| 茅ヶ崎ヘアサロン| 乳がん闘病| 葛飾区リフォーム| 町田・相模原リフォーム| ジュエリー| エステサロン| アネキャン・コーデ| 子犬販売|
  • SEOブログパーツ
 リンク集

 

カウンター